7月10日(金)18:30から 福岡(32名まで)

企業独力での再生を多数支援し、業績をV字回復させてきたコンサルタントが語る
「ビジネスモデルを再構築して、業績アップ」を求める方のための

「今をチャンスに変える ビジネスモデル再構築戦略」セミナー

中小企業は、誰も助けてはくれません。
ですから、自分だけの力で、状況を何とか打ち破っていく必要があります。
かといって、どうすればいいのか、というと、なかなか有益な情報は得られないものです。

では、会社の業績をアップさせていくにはどうすればいいのでしょうか?
現状から、どのようにして、もっと良くしていくことができるのでしょうか?

まず、本や雑誌などの媒体から、情報収集することでしょう。
それらの情報によって、色々なことを学ぶことができ、実地で活用し、成果をあげることもできるでしょう。

また、人に話を聞くことも重要でしょう。
成功した人の話、うまくいっている人に話を聞くことで、自分の会社に活用させるヒントを得ることができるでしょう。

そう考えたとき、話を聞く相手としては、実際に業績をアップ、V字回復させてきた状況を知っている人に聞くのが一番だと思います。

今回、約300社の人事戦略を指導すると共に、事業再生アドバイザーとして35社の企業再生を実現し、 ビジネスモデルの再構築について、深い知識をお持ちである瀬本博一氏に、 ビジネスモデルを再構築して、業績をアップさせる方法についてお話いただきます。

【セミナーの詳細】

日時:7月10日(金) 18:30〜20:30
参加費:3,000円
会場都久志会館 会議室 福岡市中央区天神5−6−1
主催:税理士法人コスモス福岡 & 竹内正浩

会場までの地図は、都久志会館アクセスマップを参照ください。
※セミナーへの参加が不適当だと思われる場合は、ご参加をお断りさせていただくことがあります。 また、すでにご参加された方でも、他の参加者のクレームが多い場合には、出入り禁止になりますので、ご了承ください。

【セミナー概要】

・ なぜ、今100年に一度の危機なのか?
・ 御社が100年に一度のチャンスをつかむために
・ 「良い品を安く売る」だけではダメ。プラスαが必要
・ 人と事業を変える条件
・ 再生事例紹介
@ 自殺からの生還・異業種とのコラボレーションで生き返った専門学校
A ビジネスモデルの再構築で売上を10倍に伸ばした税理士法人
B ダメチームの活躍で売上を2倍に伸ばしたバスタクシー会社
C エージェント営業からの脱却で、前年度売上100%超えを更新中の老舗大型旅館
D 失敗事例・人を活かせず破綻した全国ラーメンチェーン

【講師プロフィール】

瀬本博一(せもと ひろかず)● (株)CES代表取締役。NPO法人PRENET21代表理事。1957年生まれ。経営学博士。音響周辺機器メーカー九州支社長、米国系人事戦略ファーム主任コンサルタントを経て、93年(株)CESを設立。ほぼ全業種約300社の人事戦略を指導すると共に、事業再生アドバイザーとして35社の企業再生を実現。02年全国の再生専門家を結集してNPO法人を設立。ビジネスモデル構築のトップアドバイザーとして、中小企業の「人の革新による事業再生」をテーマに全国を舞台に講演・再生指導に奮闘中。著書に「御社だけのビジネスモデルを作りなさい」他多数。

【主催者プロフィール】

税理士法人コスモス福岡

竹内正浩・経営コンサルタント/知の探究者:投資家として1,000社以上の日本やアメリカの企業を分析。 これまで2,000冊以上のビジネス書を読破。アメリカの経営コンサルタントの日本でのライセンス権を取得し、展開後、会社を売却。 産学連携NPO、イノプレックス顧問。主に専門家(プロフェッショナル)、高度な知識を必要とする知識型ビジネスの業績アップに貢献している。 著書に『コーヒーとサンドイッチの法則 -「利益を獲得する」ための6つの戦略』(東洋経済新報社)。 http://www.takeuchimasahiro.com/
瀬本先生の話からは、「独創力」「創造力」が得られます。
もし、自分のビジネスをもっとクリエイティブに変えて、 もっと業績アップしたいと思われているのであれば、このセミナーから何かヒントが得られるものと思います。
(竹内)

【セミナー参加までの3ステップ】

ステップ1:下記リンク(問い合わせフォーム)から、 参加申込要項を書いて、参加申し込みする
ステップ2:7月10日(金) 18時30分までに会場に行く
ステップ3:参加費を支払って参加する

【参加申込要項(申込の際に、連絡いただく内容)】
1.名前
2.会社名
3.メールアドレス
4.電話番号
クリックして、セミナーの参加申し込みをする

【参加申込要項(申込の際に、連絡いただく内容)】
1.名前、2.会社名、3.メールアドレス、4.電話番号

(事務局)竹内正浩
竹内正浩.com + blog + blog2 + blog3 + 福岡
Copyright 2009 竹内正浩 All Rights Reserved.